※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
SUNSUN
最近、前口上とまったく関係が無い内容が多くてすいません。
お手軽の意味は自分が如何にお手軽にブログをアップするか…という意味だと最近気が付きました(笑)。
QRコード
QRCODE

2013年09月13日

対決!グロック19ガスガン KSC vs. スタークアームズ後編

ご好評(笑)のグロック19ガチ対決、今回は後編です。
前編はこちら。

KSC(右)は10年以上前にトイガンフェスタで購入したイベント限定のリアル刻印バージョンで、それはそれはお気に入りだった一品です。
(って過去形になっているのが悲しい…)
フレームは訳あって最新ロットのG23F用と替えてあります。


SAを入手した今でも作動に関しては軽量なABSスライドのKSCが一枚上手だと思うし、またHWフレームということもあり重量に関しても実銃並を謳うKSCが圧倒的です。
下はSAの重さです。


そしてKSC。但しKSCのバックストラップ部のデッドスペースにはウエイトが仕込んであります。


若干太めではありますが、フォルムも力強く、発売時期に10年以上の差があることを考えるとかなり健闘しているんじゃないでしょうか>KSC(右)。


ボトムプレートもリアルなSA(右)。KSC(左)のボトムプレートはタナカのモデルガン用を加工した物です。
またKSCのバックストラップ部に見えるのが昔のMGC用を削って造った真鍮のウエイトです。


SA(左)のチャンバー部は前端がカットされたタイプが再現されています。
トイガン用のアレンジだと思ったんですが、調べると実銃にもこのタイプがあるようですね。初めて知りました。


SA(左)のスライド幅はKSC(右)に比べて0.5㎜狭いです。
スライド高さは1㎜程も低く、全体にスリムなこともありSAのフォルムは昔のMGCグロックを彷彿とさせます。
KSCのフレームが太く見えるのはスリーブを装着している為です。


KSC(右)のリコイルSPガイドは金属製で、重さに貢献しています。
SAのバレルは分かりにくいですが実銃らしい繊細なライフリングが刻まれています。


SAにタクティカルライト装着の図。以前KSCのG19に付けたら外れなくなって往生しました。


SAのスライドの塗装仕上げですが、エイカーの革ホルスターでドローを繰り返しても傷が付かないので結構塗膜は丈夫みたいです。
でも、グロックのブラックとイメージが違うのでいずれ塗り直すと思います。


近いうちにKSC(左上)のスライドは、G19モデルガン(左下)のグダグダなスライド改善の為のドナーとして供出される予定です(笑)。


記事を書き終わった後に、我慢できずにSAの方を仕上げ直しました。
チラ見していた銀色のパーツは後部はアルミブラックで染められましたが、前部はステンレスらしくて全く染まりませんでした。
でも実銃でもこの部分は銀色のパーツなのでこのままとしました。
後ろを染めただけでも大分スッキリしたかと…。


デフォルトでも十分綺麗な塗装だったんですが私的に綺麗すぎました。
GEN4以前のグロックはムラのある荒々しいブラックというイメージがあるので塗り直しました。
エキストラクターは良い感じだったのでそのままでプランジャー部のみ磨きだしました。
  

Posted by SUNSUN at 00:00Comments(2)KSC対決!スタークアームズ

2013年08月31日

対決!グロック19ガスガン KSC vs. スタークアームズ前編

久しぶりのガチ対決です。
みんな大好き、私も大好きな(笑)グロック19のガスブローバック(GBB)、KSC(左)対スタークアームズ(以下SA)です。
SAの箱はユニークな形なのですが、開け閉めがとっても大変で二度とこの中に仕舞おうという気になりません。


SA(下)は台湾のメーカーです。
ここの製品は何時も品薄でたまに市場に出回ってもあっという間にSOLDOUTになってしまいます。
今回運良く入手できました。
現時点では箱出し状態で何も手を加えていません。


SA(下)のスライドとアウターバレルはアルミでフレームはABS製です。
刻印はスライド、フレームともリアル刻印です。
ええ、憧れのメイド・イン・オーストリアですよ…。
デフォルトではプラのバレルが装着され、アルミアウターバレルは付属品の扱いでした。
この内容で実売価格は11K程ですから飛ぶように売れるのは当然でしょうね。


今回コンプリートガンで初めて中華モノに手を出したのですが、その完成度の高さに驚きました。
各部の造形、仕上げとも国内メーカーと比べても一歩もひけを取らないばかりか、ある種昔の国内メーカーにあった情熱の様な物も感じます。
(下がSAです)


SA(右)の立体感溢れるエキストラクターの造形や、フレームのサードピンのリアルさなど「う~む」と唸ってしまいます。
勿論作動も問題なく(お座敷シューティングのレベルですが…)快調です。
KSCのエキストラクターも一応アルミ板を貼って強調しています。


SA(右)には、銃口初速が国内基準に準拠している証明書も付属しています。
全方位的に良く出来ていますが、スライドとフレームの隙間の銀色の部品が目立ってしまっているのが数少ないウイークポイントの一つですかね。
ココはどうしても黒く染めたいところ…。
後ろの部分がブルーイング可能なのは確認していますが、前方のステンレスの部分は染められるかいまのところ不明です。


後編に続きます。
  

Posted by SUNSUN at 00:00Comments(4)KSC対決!スタークアームズ