読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
プロフィール
SUNSUN
最近、前口上とまったく関係が無い内容が多くてすいません。
お手軽の意味は自分が如何にお手軽にブログをアップするか…という意味だと最近気が付きました(笑)。
QRコード
QRCODE

2012年04月28日

バイクカタログ人物伝 ホンダ3

忘れた頃に…ホンダ編第三弾です。
第二弾はこちら
ホンダはファミリーバイクにも外人さんを多く起用していたので集めてみました。
まずは初代タクトです。ピーター・フォンダさんがイメージキャラクターでした。


原付クラスで初の本格スクーターと銘打って発売されたのが1980年でした。
しかし私は“元祖”はヤマハパッソル/パッソーラで、タクトはそれを洗練させた“本家”に当るのではないかと見ています(笑)。


ピーターさんは結構長期間タクトのカタログに登場されています。当時年の頃40ぐらいと思われます。


お次、初代リードです。イメージキャラクターを務めたのはプロテニスプレーヤーのビョルン・ボルグさんでした。


初代リード(1982年発売)は、大柄な車体でパワーもあり快適な乗り心地でしたね。
また、豪華装備でも従来の原付スクーターとは一線を画していました。
イメージキャラクターへの起用は、当時現役バリバリのボルクさんの力強さにあやかったというところでしょうか。
この一年後に突然現役を引退されますが、この頃は20歳半ばです。


少し新し目ですが、メットインスーパーディオとニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック。
特に語れる事はありません(爆)が、ニュー・キッズの前身のバンドの時に極大射程の主役を演じてたマーク・ウォルバーグがいたそうですね。
何故か右下のロゴが後から貼ったステッカーです。


ラストはフライングドクターこと元F1ドライバー、ジョナサン・パーマーさんとリードの上級バージョン、リーダー(1983年)です。
ジョナサンさんは当時ラルトホンダでヨーロッパF2選手権に参戦していた時期なので、その縁でしょうね。


以上ホンダの項、終わり。
バイクカタログ人物伝 ヤマハ1へ続きます。  

Posted by SUNSUN at 00:02Comments(0)バイクネタ

2012年04月25日

東京マルイガスガン FNH 5-7

東京マルイのガスガン、FNH 5-7(ファイブセブン)です。
デフォルトはオールブラックバージョンでした。


私のトイガンコレクションでは数少ない東京マルイ製品です。
ちなみに他に持っているのはG26とデザートイーグルのみで、電動ガンは皆無です。


どうも東京マルイ製品の実射性能と低コスト化に特化した設計方針に馴染めません。
この5-7は何か琴線に触れる(笑)ものがあったので購入しました。マルイ製品だけに実射性能は文句なしで、弾けるようにブローバックします。
面白いのは軽いBB弾ほど銃との相性が良い事で、実機を彷彿とさせますね。私の個体だけかもしれませんが、0.12gが一番集弾性が良いです。


ガワは上下ともリアル刻印のガーダー製(フレームはタン色)に替えてあります。
これは素晴らしいです。満足度が格段に上がりました。
後部の2本のピンはフレームと一体モールドで同色だったので黒く塗装しました。


あまり弄る所が無いのでチャンバーカバーの仕上げを実機みたいに2トーンにしてアクセントに。


サイズ的にリアルと言う事なんでしょうが、ポリマーホルスターとの相性は良いですね。


なんだかんだで結構お気に入りです。

  

2012年04月21日

フジミ1/24 ランボルギーニ ガヤルド ポリッツィア

フジミ1/24のプラモデル、ランボルギーニ ガヤルドのポリッツィア 
イタリア交通警察 高速隊仕様です。
数年前になりますが、ボックスアートのカッコ良さに釣られてつい購入。
いわゆるジャケ買いですね(笑)。


しかも購入後、即製作入り。
それはもう造る気満々でした。


この時、まともにプラモを造るのは久しぶりでした。
ボディ塗装までは特に問題も無く作業は進んだんですが、ウインドシールドやサイドウインドなどのクリアーパーツを付ける段になって悲劇が…。


クリアパーツは窓ごとに分割されていたのですがボディとの合いが悪い上、接着代があまりにも少なくてペタペタしてる内にハミハミになり、〇×△☆に…以下略。
綺麗に塗装済みのボディも接着剤でギタギタになり(涙目)、マジそのままゴミ箱に叩きこむ寸前まで行きました。
いまどき難易度高杉です!(号泣)。


深呼吸三回で気を取り直し、ウェザリングで誤魔化すことにしました(笑)。
めったに使わないコンプレッサーとエアブラシを引っ張り出して、耐久レースをイメージして汚しました。


シチュエーションとしては、ヘリコプターも飛行不可能な豪雨の中、ある少年の手術で必要な血清を届ける為にアウトストラーダを300km激走した後と言うイメージを抱いていただければ幸甚です(笑)。


実際この車は、高速道路上で起きたアクシデントに対して俊足を生かして真っ先に現場に駆け付け、怪我人の一次救命を行うことが想定されているようです。
その為に車内にはある程度の特殊医療機器が備え付けられ、オペレーターは救急救命のスペシャリストでもあるとのこと。
イタリア交通警察のサンダーバード1号と言えますね。


イクソ1/43ミニカーとタカラトミーのチョロQです。


イクソ1/43は中々の出来栄えです。
ホイールが奥に引っ込んでいてカッコ悪かったのでスペーサーを噛ませてボディとツライチにしました。
あと、ルーフのアンテナをピアノ線で造り替えています。


チョロQはいつも通りの出来です。カワイイです…(笑)。


実車のガヤルドポリッツィアはガヤルドのマイナーチェンジに合わせてLP560-4(375号車)に代替えされ372号車は退役したそうですが、その後375号車は一般車との衝突で大破しました。
一般道にて急に飛び出した車を避けて、駐車中の車に激突したそうです。
全損ですかねぇ…、でも怪我人が出なかったのは幸いでした。
  

Posted by SUNSUN at 00:00Comments(0)カーモデル24スケール

2012年04月17日

MGCモデルガン モーゼルC96 ミリタリーM1916

MGCのモデルガン、ブルームハンドル(箒の柄)ことモーゼルC96 ミリタリーM1916です。
46年規制後のモデルで、王冠マークやSM、SMG刻印はありません。
購入時、MGC特有の虹色めっきが施されていましたが、退色が激しくなって来た為に塗装してあります。


購入したのは小学生の高学年の時ですので彼是30ウン年近い付き合いですね。
その割には崩壊もせず(笑)よく原形を保っています。
でも、ボルトを引いたりする時は衝撃を与えないように「そぉーっと」が基本です(笑)。


グリップの9の数字は、実包に9mmパラベラム弾(9mm x19)を使用することを表わしています。
確かにバレルの肉厚が薄い感じで、そう見えない事もありません。


でもカートリッジの形状はボトルネックになっていて7.62mm x25弾のイメージです。
しかしそんな些細な事は気にならないぐらいMGC金属モデルガンとしてはめずらしくリアル志向の造りですね。
デフォルメ無しのフォルムにロッキングもライプですし、MGCの同年代のモデルガンの様にあまり省力化(コストダウン)が無かったのも幸いでした。


そんなタニコバさん渾身の一作とも言えるMGC C96ですが、SMG規制後のモデルならば今でもイベントなどで入手出来る可能性があるのは素晴らしいですね。
もし金型さえ残っていれば販売可能だし、そうしたら現在でも十分通用するモデルガンが出来ると思います。


MGCモーゼルには木製グリップや木製ホルスターストックのオプションがあったのですが、まぁ、そのうちに…と思っているうちにメーカーが消滅してしまいました(汗)。
この木製ホルスターストックはマルシンの純正です。いちおうMGCにも付きます。(ロックはしませんが…)


別売りの木製グリップは当時1000円、ホルスターストックは5500円ですね。ホルスターストックは本体に匹敵する値段です。
学生時代には大金で、特に当時はバイクにお金をつぎ込んでいてトイガンには中々お金を廻せなかった時期です。


マルシンの名作、M712シュネルフォイヤー(下)と。
マルシンモーゼルでは同じ轍は踏むまい…と、取り敢えずオプション品を押さえまくった事は言うまでもありません(爆)。


  

Posted by SUNSUN at 00:03Comments(0)モデルガンMGC

2012年04月14日

ピットロード 1/72 61式戦車

ピットロードの完成品、1/72スケール61式戦車です。


プロポーションの良さ、キャタピラを含む細部の精密さ、シャシーにダイキャストを使った重量感などドラゴンアーマーに全く引けを取らない出来栄えです。
例によって、完成品にウエザリングと芝貼りを施しています。


その“これぞ戦車!!”と言う存在感たるや、後輩の74式や90式を凌ぐものがあります。
無骨だけどカッコいい…、ぶこカッコイイですね。


でも、今となっては中々実機を見られる機会が無いんですよね。
もちろん引退して大分経っていることもありますが…。


りっくんランドこと朝霞の陸上自衛隊広報センターに展示が無い事が大きいかと…。


仮にも冷戦時代の日本の安全保障の一翼を担ったMBTですから是非、展示キボンヌです。
今度りっくんランド行った時、要望出して来よ。
…って、先週行きましたけど要望出すの忘れました(笑)。


小さいのはワールドタンクミュージアム1/144 61式戦車です。


WTMも小粒ながら中々の出来栄えです。
  

Posted by SUNSUN at 00:00Comments(2)AFV72スケール

2012年04月11日

桜とチャリ

普段はモスボール状態ですが…。


桜の季節と紅葉の時期だけ封印を解かれ、出番となる私の21年モノのチャリ。
ここは戸田の競艇場の脇です。やっと満開ですね。
今年は意外と気温が低いので、桜も長く楽しめそうです。


足立エリアまで足を延ばしてみました。
これはBSの折り畳み自転車(トラベゾーン)ですが、軽量で意外と剛性も高いので長年愛用しています。
去年初めてタイヤとチューブを交換して絶好調(笑)です。


  

Posted by SUNSUN at 00:01Comments(0)日常行ってみた

2012年04月10日

WAガスガン MEUピストル アーリー(ブラックタイプ)

WAのガスガン、MEUピストル アーリー(前期型)です。
アーリーでも後から発売されたブラックタイプになります。


MEUピストルはサイドアームに45口径を要求した米海兵隊遠征部隊(MEU)のプロデュースによって製作された1911です。
モスボールされていたM1911A1のメインフレームをベースに市販のパーツを組んで完成させたタイプをWAではアーリー(前期型)と呼んでいます。


スライドはスプリングフィールドアーモリー(SFA)製やキャスピアン製があるようですが、WAはSFA製スライド付きをモデルアップしています。
この頃のWA製品には(オトナの事情で)SFA刻印が入っていないので、某所で入れてもらいました。
でもちょっとイメージと違うなぁ…。


エジェクションポートの開口が物足りなかったのでロアー化をガッツリ行いました。
チャンバーはWA純正のBAR STO刻印のメタル製に換装しています。


ポートのロアー化に伴いフレアーの形状も修正する訳ですが、中々気に入った形状にならず3回ぐらいやり直しました。
まず一回目、なんか間抜けな形状のフレアーです。


二回目、削りすぎて大きくなっちゃったのでこれもボツ。


三回目、実機写真と目の皿のようにして見比べて作業、まあまあ満足できる形状に…。


そんなフレアー形状ですが、本物には無いのもあるんですねぇ…。


ウイルソンタイプのマガジンバンパーも削ってロジャースタイプにしてみました(中央)。
左が削る前の形状です。
右が参考にしたMGCのロジャースタイプマガジン。


自己満足の世界ですね(笑)。


ファイアリングピンの同心円ツールマーク加工。所有するSCWガバには全て施工しています。


ラバーグリップはパックマイヤーのGM-45Cに換装してあります。
ご先祖たるコルト製M1911A1(ホビーフィックス、モデルガン、下)と。



  

Posted by SUNSUN at 00:00Comments(0)エアソフトガンWA

2012年04月07日

バイクカタログ人物伝 ホンダ2

まさかの第二弾です。
第一弾に続き大竹しのぶさんで、こんどはロードパルです。
こうして見るとしのぶさんは特定の車種ではなく、複数のホンダファミリーバイクのイメージキャラクターだったんですね。
左上のロードパルSの時は、ちょっとふくよかな感じです。


颯爽とライディングするしのぶさん。(あれっ、違うかな…)
ロードパルSは当時友人からほぼ新車をタダで貰ったのですが、あまりのパワーの無さに1ヶ月で手放した思い出があります。


カレン(1979年発売)にも登場されています。
ん?カレンって車、トヨタにもあったよーな…。


そしてロードパルと言えば“ラッタッタ~”のソフィア・ローレンさんです。
このカタログ、ちょっとしたソフィアさんの写真集です。


初代ロードパルの発売が1976年で、当時ソフィアさんはアラフォーだったと思われます。
四年ほど前に、スマスマの1コーナーのビストロスマップに出演されましたね。


最後は、所ジョージさんです。
トコロさんは昔からキャラクターが変わらないのが良いですね。


トコロさん、ブレてない…(笑)。
バイクはちょっとあたらし目のズーク(1990年発売)です。
エントリークラスのスクーターですが、デザインが良いので貧乏臭くないのは見事。
ちょっと前のホンダに良くあった「床の間に飾っておきたくなるような」製品の一つではあります。


ホンダ3に続く…(多分)。  

Posted by SUNSUN at 00:00Comments(0)バイクネタ

2012年04月03日

MGCモデルガン イングラムM-11

MGCのモデルガン、イングラムM-11です。
別名カンパニーの玩具。種々の謀りごとに使われた模様です(汗)。


フルセットを購入しました。1981年の正月にお年玉を握りしめ、MGCボンドショップサービス部のあった御徒町の日章ビル3Fまで(いつ故障するか分からないエレベーターは使わず)階段を駆け上がった記憶があります。


その時分は東北に住んでいた為、東北本線(まだ新幹線は走っていなかった…)で帰路についた訳です。
しかし家に着くまで我慢できずに特急のトイレでイングラムのパッケージを開けた所、思わぬ場所に入っていた予備マガジンが落下し、危うく便器の中へ…以下激略。


これは良く発火させました。MGCの謳い文句通りの調子良さでしたね。
そしてMGCお得意のパブリシティーの数々。
トコロさん若いです。


数年前にリサイクルショップでタイトー製と思われるフロントスイベル無し、フロントサイトとリヤサイトがむしり取られた謎な状態のHWモデルが長短マグ2本付きで3Kで売っていたので取り敢えず購入。
サイトが無い以外は程度も良く、未発火だったので足りないパーツを持っていたABSバージョンから移植してHWモデルを再生しました。
HWバージョンはレシーバー後部に蛇さんマークが入っているのも魅力でした。
(ABSバージョンはMGCマークが入っていました)


ボルトが二つになったので昔からやろうと思っていたエキストラクターのリアルタイプ化をしてみました。
但し、あくまでも外見のみでエキストラクターとしての機能はありません。
排莢を楽しむ時は下のノーマルボルトに戻します。


エキストラクターはプラプロックからの削りだしです。


もう発火させる事は無いので、多分ずっとこのままでしょう。


フレームの突出しピン跡はパテで消してあります。


発売当初設定が無かったんですが、個人的にM-11にはショートマグが似合ってると思います。
コンパクトさが際立ちますね。


  

Posted by SUNSUN at 00:00Comments(0)モデルガンMGC