読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
プロフィール
SUNSUN
最近、前口上とまったく関係が無い内容が多くてすいません。
お手軽の意味は自分が如何にお手軽にブログをアップするか…という意味だと最近気が付きました(笑)。
QRコード
QRCODE

2013年05月25日

WAガスガン コルトMarkⅣシリーズ80 Rタイプ

今回はWAのガスガン、コルトMarkⅣシリーズ80です。
旧世代マグナエンジンのRタイプになります。


…と言っても元々はマグナ初期に発売されたコマンダーカスタムでした。
HWのノーマルスライドにビーバーテイル装着のABSフレームが付いただけのそれはもうパッとしないカスタムでした。
ハッキリ言って不満足な一品で全く愛着が湧きませんでしたね。


トイガン趣味の方ならば一丁組めるぐらいのWAガバの余剰パーツをお持ちのはず…(笑)。


なのでこれはコマンダーカスタムの中身を使って、ジャンクパーツを寄せ集めて一丁でっち上げたモノです。


なるべくノーマルに近い80ガバを目指しました。
フレームもスライドもHWですが、全てイベントでジャンク箱から漁ってきた物です。
スライドは一見ノーマル80ガバですがフロントサイトがドーブテールになっていました。


更にジャンクパーツをかき集めて着せ替え用のボーマーサイト付きアッパーを組んでみました。
スライドは確か変なサイレンサーの付いたプロキラー1のジャンクでしたが仰々しいPROKILLER刻印は消してあります。


スライドの中身です。細部が微妙に違うのですが、両方とも問題無くガッツンガッツン作動するのがWAの凄いところ。
WAガバの魅力の一つとして簡単なルールを知っていれば、新旧パーツに関して高度な互換性を保っている事が挙げられます。
ここら辺は他社にも見習ってほしいところ…。


こちらのスライドを付けるとナショナルマッチ風味に変身。
トリガーは3ホールタイプをベースに穴を埋めてロングトリガーにしました。


メインスプリングハウジングもストレートタイプとし、どちらのアッパーにしてもそこそこ似合うようなパーツをセレクトしました。
エジェクションポートは軽くロアー化しています。


木製グリップはかなり昔に買ったウエイト入りのスムースタイプです。キャロム製だったかと思いますが定かではありません。
バレルは本山でコーンバレルを購入してブッシングレスとしています。


奥まったファイアリングピンとダウン状態でハンマーがグラグラするのがRタイプの特徴です(笑)。
アッパーが二つあると手軽に着せ替えられるし、ガラッと雰囲気も変わるので中々楽しめます。
費用対効果の高いカスタムが手軽に楽しめるのもWAガバの特徴ですね。
  

Posted by SUNSUN at 00:00Comments(0)エアソフトガンWA

2013年05月18日

昔乗ってました ホンダXLR250R(タミヤ 1/35)

久しぶりの昔乗ってましたシリーズ、今回は貴族(独身)だった頃の甘酸っぱい思い出がいっぱい詰まった(爆)バイクです。
1987年に発売されたホンダのトレール車、XLR250Rの最初期型で、正式には最後にHが付きます。


これは良いバイクでした。
このバイクの先々代にあたるXL250Rにも乗っていたのですが、比べると10キロ以上軽い車重とRFVCエンジンによりひと廻りトルクフルでしたね。
ひとつ高いギヤでストトトッ…ってイケちゃう感じで。
サスもしなやかでストロークも長く林道程度だったら十分でした。
オフ性能は抜群なのにカタログは意識して土臭さを排除した感じです。


発売当初から目を付けていた私に同僚の友人から買わない?とオファーがあり確か20数万円で購入した記憶があります。
来た当初はモトクロスタイヤが付いていました。
荒々しいブロックパターンがカッコ良かったんですが流石に公道では危ないのでもうちょっとオンロード寄りのタイヤに替えました。


未だナンバーが付いてませんがアパート横の田んぼで試乗(笑)。
20数年後の現在、この場所は某モールになってます。


このバイクにはバッテリーが無くエンジンをかけるとジェネレーターが12Vの発電をするようになってます。
2~3カ月に一度の林道ツーリングにしか乗らなかった為、バッテリー上がりが無くて助かりました。
リヤブレーキも初期型はドラムですが、これはこれですっ転んでも壊れるところが無くて良かったかと。
全てにおいてシンプルさが持ち味でした。
高性能な最近のドライサンプのオフロード車って転倒してオイルラインが破れたらどうするの?って余計な心配をしてしまいます。


北は北海道(2回行きました)南は四国まで、関東近辺の林道も良く走り回りました。
トラブルは全くなく転倒しても壊れないし、スタイリングもカラーリングも最高!
本当に名車だったと思います。


こんなタフなところが買われたのか陸上自衛隊の偵察用オートバイ(通称オート)に採用されました。
随分長い間使われていますが段々とカワサキのKLX250に置き換わっている模様です。
XLR250Rのオートは現在朝霞のりっくんランド(陸自広報センター)に展示されていて跨ることも可能です。
タミヤも目敏く1/35のMMシリーズで「陸上自衛隊 オートバイ偵察セット」としてモデルアップしています。


タミヤから発売された時、ビビッと来ました(笑)。


それから幾年月、遂に完成に漕ぎ付けました。
結構長い間完成を夢見てたので感慨もひとしおですね。


オートの装備をカッターで削りつつ、リヤウインカー、テールランプ、シート後ろの小物入れバッグを追加しました。
カラーリングはノーマルではなくて乗っていた個体に準じています。


1/35と云えども妥協のない再現度には「タミヤすごすぎてワロタ」状態でした。
本当にイメージするXLRそのままです。


でも細かい作業は苦手なので造るのはめっちゃ大変でしたけど…。


すごい昔に造ったニチモ1/35ケーニクスティーガーとの比較。
ティーガーの大きさが理解していただけるでしょうか(笑)。


XLRは9年ほど散々乗りまわしてウン万円で知り合いに引き取られて行きました。
引き取られていく時、後ろから自分が乗っていたXLRの排気音を初めて聞いたんですが、えらく抜けの良いナイスサウンドだったので驚きました。
初期型は騒音規制がまだ緩くノーマルでも抜けの良いマフラーだったようです。
所有している間中そんなにありがたいバイクだったとは全然知りませんでした。
  

2013年05月11日

WAガスガン ミニUZI

WAのガスガン、ミニUZIです。
パッケージは豪華にも実物ガンケースです。
新たにパッケージを起こすより安かったんですかね~。まあマニアの人にとってはありがたい話です。


フルサイズのUZIをベースに無駄を省いたフォルムはとても洗練されています。
私だけかもしれませんが玄人好みっぽい感じがしません?


そんなミニUZIが昔から大好きで、WAから出るまではマルゼンのカート式やコクサイのガスガンも所有していましたが、これが出たので両銃ともあっさりとオク行きになりました(爆)。


コクサイのミニUZI+マルシンのモデルガンUZIを組み合わせて、ミニUZIのモデルガンを造ろうなどと妄想した時期もありました。
WAからほぼ満足できる決定版が出た事と、マルシンのUZIが貴重品になってきたので計画は立ち消えになりました(笑)。


自分的にはフォールディングストックがミニUZIのツボです。
展開しても折り畳んでも玄人っぽさが炸裂(謎)しています。


WAのミニUZIはブローバックも快調で完璧に近い出来ですが、トップカバーの形状が硬い感じだったのでプレス製風に各部に丸みを付けています。
エジェクションポート廻りは特に念入りにやったつもりですが実物はもっとヌメっとしています。


バレルはサプレッサーの脱着で傷々になってしまったので塗装をはく離してアルミブラックでブルーイングしました。
傷も付きにくくなって良い感じ…。


SMGシリーズは期待していたのですがこれ一発で終わってしまったのがなんとも残念。
WAは今からでもヤティマチックのガスブロとか出しませんかね…コブラ仕様で(笑)。
  

Posted by SUNSUN at 00:00Comments(0)エアソフトガンWA

2013年05月04日

MGCモデルガン SFAコンペティションピストル .38スーパー

MGCのモデルガン、スプリングフィールドアーモリー(SFA)コンペティションピストル .38スーパーです。
以前ビクトリーショーで中古で購入した物です。


スライドがHWでマットブラック塗装、フレームはABSにメッキ仕上げのツートーンです。
購入後調べたところ90年代前半のMGC製造部門が廃業する少し前くらいに発売された物らしいです。
まだMGCが技術的に脂の乗り切った時期の製品の為か全体的に丁重に仕上げられている印象です。


フレームもABSながら平面がビシッと出ていて、美しい艶消しメッキに上品なヘアラインが入っています。
刻印も繊細ですね。


元ネタの実銃は知りませんが90年代初頭の定番ガバカスタムという風情です。
.38スーパーと言う選択が競技を連想させますがネーミング(コンペティション)の由来でしょうか。


再仕上げにあたりフレームに合わせてスライドにもヘアラインを施行しました。
エジェクションポートは開口部が物足りなかったのでロアー化しています。


実は以前紹介したMGCモデルガン、ハイキャパシティ.38スーパーとアッパー(スライド廻り)は全く同一です。


グリップはデフォルトではHW樹脂に木目塗装されたものが付いていました。
交換しようと手持ちの1911用木製グリップをいろいろ付けてみましたがいまいちピンと来るものが無く…。
WA純正のビアンキタイプのラバーグリップが思いのほか似合ったのでそのまま装着。
グリップスクリューもWAの純正オプションです。


リヤサイトはウイチタが付いていますが、見た目のバランス的に少しゴツイですね。
またトリガーガード内のパーティングラインが未処理です。何故かこの時期の仕上げの良いモデルガンってトリガーガード内だけが未処理ってのが多い気がします。


デトネーターは抜いてダミーカート仕様にしています。
チャンバーブッシュは市販の物は存在しないようなので硬質スポンジを詰めて替わりにしています。
最近思うんですが金属のチャンバーブッシュって装填時に受ける衝撃のバッファーが無いのでバレルに結構負担をかけているんじゃないかという気がして…。
.38スーパーのダミーカートはMGC純正とライト製のものです。
二つのスペアマグはこの銃を買う前から何故か持っていました(笑)。


それに付けてもメッキバレルの欲しさよ…。
思わず句(?)を詠んでしまう程メッキバレルが欲しいのですが多分純正ではフルサイズ用は存在しないと思います。
コマンダー用は存在するんですがね~。


2014年7月27日追記:
先日のVショーで入手したコマンダー.38スーパー用めっきバレルのバレル長を延長してにフルサイズ用にしてみました。
方法はバレル先端をインサートの直前でカットし、その先にKSCグロックのバレル先端をつなぎ合わせるというお手軽な方法です。
.38スーパーも9ミリパラベラムもマズルの内径は同じはずですので…。
しかし前端部から20ミリぐらいの所に接合跡が残っちゃってますね(笑)。


1911とグロックでバレル直径がほとんど同じだったのはラッキーでした。
マズルの比較で、右は.45ACPの70ガバです。
左の.38スーバーはインサートが見えにくいですが確り入ってます…。


チャンバー刻印がCOLTなのでちょっとアンマッチ感が漂っています…。
実はこのめっきバレル、未発火だったもののめっき浮きがそこここにあり、あまり状態の良い物ではありませんでした。
画像でも刻印のUの下に若干浮きがあります。


やっぱりハーフシルバーの1911にはめっきチャンバーが似合います。



  

Posted by SUNSUN at 00:02Comments(0)モデルガンMGC