読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
SUNSUN
最近、前口上とまったく関係が無い内容が多くてすいません。
お手軽の意味は自分が如何にお手軽にブログをアップするか…という意味だと最近気が付きました(笑)。
QRコード
QRCODE

2014年03月30日

KSCモデルガン コルトMk-Ⅴ キングコブラ 後編

本日(3/30)は、第72回ビクトリーショーの開催日で行って来ましたがたいした買い物もせず撤収しました。
同会場でASGKフェスも同時開催されており、決してイベントが低調だった訳ではありません。
何となく欲しい物が無かっただけです…。

さてKSCのモデルガン、コルトMk-Ⅴキングコブラ後編です。
前編はこちら

6インチをスチールブルー仕上げにしたので、4インチは目先を変えてキングコブラ定番のステンレスシルバーにしようと思ったのですが、
結果的に6インチと同じような仕上げにしてしまいました(笑)。
リボルバーは擦れる所が多いので、剥げやすいシルバー塗装は躊躇してしまいます。


リアルさではリボルバーモデルガン随一のKSCキングコブラです。
これは分解してみると思い知りますね…。


惜しむらくは、右側フレームのピンがモールドで表現されている点でしょうか。
蚊に刺された跡みたいです…。


シリンダーはしっかりトータルカウンターボアードになっております。


元箱の無い6インチは普段このコルト純正ガンケースに納めています。
例のブロー成型の安っぽい奴です…。


シンプルなクラウンとマズル廻り。
キングコブラはKSC創生期にリリースされたので、リキの入れようが半端ではありません…。
何処も彼処もビシッとしています。
アクションもスムーズ…。


うちに棲むフルラグド4インチバレルの3丁。
上からMGCパイソン、マルシンS&W M586です。
やはりキングコブラはひときわ軽快なスタイルですね。
バレル前端の斜め削りが効いてます・・・。


管理人的にフルラグリボルバーは、4インチが見た目バランスが良くて好みです。









  

Posted by SUNSUN at 19:17Comments(0)モデルガンKSC

2014年03月22日

KSCモデルガン コルトMk-Ⅴ キングコブラ 前編

KSCのモデルガン、コルトMk-Ⅴ キングコブラです。
今回は前編になります。


4インチと6インチモデルを所有しています。
このシリーズは、他に2.5インチがあります。
キングコブラはフルラグバレルに係わらず、前端を大胆にカットしているので思いのほか軽快なフォルムです。


6インチは非常に伸びやかなフォルムです。
6インチはイベントで購入したもので、未発火でしたが付属品一切なしの裸の状態で格安でした。
珍しいナチュラルHW仕様でパーティングラインも残っていましたが、再仕上げには都合が良かったですね。


6インチがとても気に入った為、4インチも探していたところやはりイベントでブラックHW仕様を発見…。
一応付属品は全て付いてましたが、値段は6インチと同じでした。
4インチも6インチとまた違った魅力があります。


左から4インチに付属してきたKSC純正のカートリッジ。結構リアルな形状で仕上げも良好です。
ケースのスタンプはフェデラルです。

中央はマルベリーフィールド製。
カートリッジが付属していなかった6インチ用に別途購入しました。
かなりリアルな外観で長さもKSC純正より若干長いです。
空撃ち対応で、撃針の当たるプライマー部はスプリングで衝撃を吸収するようになっており、かなり満足度の高い製品です。
スタンプはウインチェスターです。

右端は、実物のホローポイントダミーカートです。
スタンプはR-Pで、当然ですが最も長いですね。


4インチのデフォルトのブラックHW仕上げは、まさに墨の様なカサカサのブラックで味も素っ気も無かったので仕上げ直しました。


後編に続きます


  

Posted by SUNSUN at 00:01Comments(0)モデルガンKSC

2014年03月15日

対決!1911ハイキャップフレームトリオ 後編

対決!今回は1911用ハイキャパシティフレーム3種類、後編です。
前編はこちら
中編はこちら

マガジンの比較、左のパラオードP14の数字は装弾数14発を表わしています。
真ん中のキャスピアンは.38スーバー仕様ということもあり、19発と圧倒的です。
右のSTIのマガジンは実銃では12発装填可能。


マグウェル部の比較。左よりSTI、パラオード、キャスピアンの順です。
マガジンの入れやすさは、開口部の広さでキャスピアンが圧倒的ですね…。


各フレームのグリップの厚みを測ってみました。
まず、パラオードが33.8mm。



STIが32.5mm…。



そして、キャスピアンが36mm。



参考までにシングルスタックの1911は、ホーグのグリップ付きで33.3mmです…ってSTIより厚いです。
と言っても側面が大きくラウンドしているので、格段に握り易いですが…。


私の手は日本人の標準よりは多少大きい程度ですが、最も握り易く感じるのはSTIです。
更に樹脂製なので、手に合わせて多少加工もできるメリットがありますね。


次に握り易いのは、全体的にラウンドしているキャスピアンですね。
但し、チェッカリングが少なくツルっとしていて、STIよりも手に力が入れにくい感じです…。


パラオードは、見た目そのままに少しゴツゴツした握り心地です。


MGCのキャスピアンは、奇跡のモデルアップだったとつくづく思います…。


こう見ると、それぞれに個性があってコレクションの醍醐味が味わえます。

  

2014年03月08日

MGCパンフレット70`S 後編

MGCパンフレット70年代、後篇です。
前編はこちら。

オートマグですね、発売は76年頃だったかな。
反動で銃口が6センチ跳ね上がるというのが売り文句でした。


オートマグの裏です。友人が発売と同時に購入し、散々撃たせてもらった記憶があります。
6センチ跳ね上がったかは微妙なところです…。


これはローマンです。
モデルさんのイメージはラウンドツリーか、はたまたポワチエか…。


トルーパー6インチですね。モデルは誰でしょうか。
トムセレック?年代的に違うか…。
トルーパーは会場は忘れましたがMGCのガンショーで4インチを買いましたよ、確か…。


32オートのパンフです。さわやかな画風でウォーレンオーツに激似の方が連射しています。
でも、現在に至るまで32オートには縁がありません。


そして基本定価売りだったMGCが夏の間に毎年行ったファイアーセールのパンフレットです。
たった一割引きですがとてもありがたかった事を覚えています。
年代的には、ラインアップから察して75~76年頃の物かと…。


ハンドガン部のアップですが、今見ても特に欲しいのありませんねぇ。
この頃のMGCは仕上げがひどかったです。
子供なんであまり気にしませんでしたが…。


子供の頃は、熱烈なMGC信者でしたね。
なぜなら他社製品はどこのおもちゃ屋でも売ってたんですが、MGC製品はボンドショップか特約店に行かないと買えなかったんです。
子供に業界の事情が分かるはずも無く、MGC製品は入手しずらい=価値がある、と思いこんだんでしょうね。
長物のアップですが、こちらは宝の山ですね。


最後は、二つ折りのフリーペーパーというか、かわら版みたいなパンフです。
イラストは上田信画伯作と思われる、警部マクロード風味の人です。
そういえば上田画伯は昔MGC社員だったそうな。


このかわら版には、社員募集の広告やモデルガンレポーターの募集要領が載っています。
この時のレポートで入選された一人が、いま業界で活躍されているあの方ではないかと私は睨んでいます…。


どなたかMGCのパンフレットを一冊に纏めた冊子を作ってくれませんかね~。
立派なアート画集になると思いますよ。  

Posted by SUNSUN at 00:00Comments(4)印刷媒体

2014年03月01日

対決!1911ハイキャップフレームトリオ 中編

対決!今回は1911用ハイキャパシティフレーム3種類、中編です。
前編でメジャーなハイキャップフレームとしてキンバーを入れるのを忘れていました…。
マルシンからライブカートのガスブローバックが出てますね。
前編はこちら

KSCのSTIスペシャルエディションです。
以前、トイガンフェスタでKSCのSTI系のシステム7化が発表されたのを見た帰りに、赤風呂で中古品を買っちゃいました(爆)。
妙に安かったんでつい…。


KSCらしく後加工満載。
ディテールはとてもシャープです。
手応えの全くないブローバックは…、まあ、良く当たるんでヨシとしましょう(笑)。


この銃の最大の特徴はサイトシステムですね。
フロントはファイバーで、リヤはゴーストリングです。
つい買っちゃったのもこれに興味があったから…。


狙うとこんな感じです。老眼にはターゲットをポイントし易くて助かります(笑)。
実際、動く的なんかを狙い易いんじゃないですかね?


MGCのキャスピアンカスタムです。以前、ご紹介しているのでサラッと…。


この個体は量産品をベースにした、MGC製の謎のカスタムモデルでした。
後加工などではなく、パーツ交換レベルですが…。
それをさらにカスタムしちゃっています(笑)。


3種類のハイキャップフレームの内、キャスピアンだけがグリップセフティをキャンセルしています。
ファイアリングピンブロック等のパッシブセフティを備えていることが前提の銃ですね。


バレルはバースト刻印が入り、38スーパー仕様のモデルアップです。


後編に続きます