読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
プロフィール
SUNSUN
最近、前口上とまったく関係が無い内容が多くてすいません。
お手軽の意味は自分が如何にお手軽にブログをアップするか…という意味だと最近気が付きました(笑)。
QRコード
QRCODE

2015年07月20日

対決!ワルサーPPK/Sインターアームス WA vs マルシン 後編

対決!シリーズ、ワルサーPPK/Sモデルガンのインターアームス仕様、WA vs マルシンの後編です。
前編はこちら

マルシン(下)の方は、サイズ、バランスともスリムで精悍なPPK/Sを良く再現していると思います。
まあこれは、どっちが良い悪いではなく解釈の相違、好みの違いのレベルですね…。


下から見る限り、幅はそう変わらない感じです…。


全長は僅かにWA(右)が長いです。
それでうまくバランスを取っている事が伺えます。


マルシン(左)のフロントサイトはドット穴が省略されていたので、ピンバイスで穿ちました。


エキストラクターのデザインは、10年以上あとに再設計されたマルシン(左)が圧倒的にリアルなのは言うまでもありません。


同じくブリーチ後端も、リニューアルでセンターファイア化されたマルシン(左)がリアルなのは当然ですが、当時の安全性に関する要件を勘案してデザインされたWAも中々の優れモノと云えます。


取材した個体がそうだったのか、WA(左)のマガジンが左側一穴タイプなのは嬉しい拘りです。


バレルもWA(右)がひと回り太いです。


ローディングインディケーターの突出し量は、WA(右)の方がリアルに感じます。
後端の処理もWAが丸く加工されているのに対し、マルシンは丸棒を切断したままと云う感じです。


重量はさすがにHW製のマルシン(下)が重いですが、鉄板のシャーシが仕込まれたWAも結構肉薄しています。



で、どちらが気に入ったかと云う話になると、管理人の場合僅差でマルシンでしょうか…。
WAとほぼ同時期に発売されたあと、マルシンだけ10数年後にリニューアルされていることや、当時存在しなかったHW材の使用などフェアではない所もあるのですが
小型拳銃らしい凝縮感がよく表現されているのも一つの決め手となりました。


そんな訳で一人PPK祭り、第3弾へ続きます…。
  

Posted by SUNSUN at 00:00Comments(2)モデルガンマルシンWA対決!

2015年07月10日

マルシンモデルガン コルト25オート 後編

マルシンのモデルガン、コルト25オート 後編です。
前編はこちら

中心部にあるレバーがセフティ兼ホールドオープンレバーで、この状態はセフティオンです。
セフティオフは90°下方に回転させるだけで親指で容易に出来るので、コックアンドロックでのキャリーも可能。
しかしマガジンセフティはあるものの、他のパッシブセフティの類いは無いようなので、落下時の暴発の可能性は拭えません…(汗)。


コクサイがモデルアップした25オート(右)は、J.Mブローニング御大がデザインした所縁ある銃です。
時代的にはマルシンの25オートよりも遡ること半世紀近く前に世に出ました。


コクサイの25オート(右)はハンマーレスですが、ストライカータイプなので構造的に同じコルト社の32オートよりもブローニングM1910の方が血縁関係が近そうです。
メカのみならず、外観もM1910のコンパクトモデルと云って良い程似てますね。
右はMGCのモデルガン、ブローニングM1910です。


同じ.25ACPを使用する銃ですが、設計が新しいだけにマルシンの25オート(左)がひと回り小さいですね。


以前紹介したコクサイの25オートは、いつの間にか一丁増えて(真ん中のシルバー)3丁になりました。


マルシンのモデルガン、ワルサーPPK/Sインターアームス仕様との比較。
小型拳銃のベンチマークたるPPKシリーズですが、この大きさがしっかり握れて安定した射撃が出来る最小限のサイズでしょうね。


マルシンのHW製に対してコクサイはABS製ですが、ひと回り大きい為かコクサイの方が僅かに重いです。



近々また再版されるようで何よりです。



  

Posted by SUNSUN at 00:00Comments(0)モデルガンマルシン

2015年07月05日

本日の獲物(ビクトリーショー 15_7_5)

2015年7月5日に浜松町の都立貿易産業センターで開催された第77回ビクトリーショーに行ってきました。
雨にもかかわらず相変わらずの人出でした。


そして今回もトイガンの神様が降臨しました…。
未使用のロジャースのカスタムコンバットハンドガングリップが6Kでした。
長い間探していたマギーグリップの本家本元ですが、何故探していたかは後ほど…。


今回の買い物は全て同じ店でした。
MGCモデルガン用のカスタムパーツも色々と。


そしてGM5の角トリガーガードのABSメインフレーム。
ショートパーツも色々と付いていて1.5Kでした。


MCW(MGCカスタムガンワークス)製です。


合計金額から800円負けてくれた上に、六角グリップスクリューもおまけに付けてくれました。
これだからVショーは止められねェ~(高笑)。


前から手持ちのナショナルマッチカスタムをマギー仕様にしようかとたくらんでましたが、ゴールまであと10コマだとすると6コマぐらい進みました(爆)。


今日は3時から床井雅美さんの銃器に関する講座が開かれるとのことで是非拝聴したかったのですが、実家へ行く用があったので後ろ髪を引かれつつ会場を後にしました。
そして帰りは御徒町のマルゴーに寄って、頼んでいたブツを受け取って帰路に付きました。



  

Posted by SUNSUN at 16:26Comments(0)日常買ってみた

2015年07月01日

モーゼルC96 "レッドナイン" 実物グリップ

モーゼルC96用の実物木製グリップです。
C96でも9ミリパラベラム弾使用を示すために"9"の数字が大きく彫られ赤く染められた、一部で通称"レッドナイン"と呼ばれているM1916用のグリップです。


某有名中古グリップHP店舗で購入しました。
裏面の"1936"は、製造年でしょうか。
使い込まれた各所は擦り減り、貫禄充分です。


9の赤塗装が妙に毒々しいのは最近塗り直されたようです。
すんなり付くとは全く期待してませんでしたがMGCモデルガンに付けてみました。
案の定グリップのラインがまったく合いません。
MGCのグリップラインは実物より一回り大きくデフォルメされています。


しかしグリップフレーム内側のラインは、グリップ内部のラインと合っています。


合わせるだけ、合わせてみましたが隙間だらけです。


このグリップが付いていたC96は、どの様な運命をたどって来たのでしょうか…。
以下妄想です(笑)。
1936年:ロールアウト
1938年:旧型拳銃と云うことでドイツ国防軍の武器倉庫でモスボールされる
1945年:武器不足でモスボールを解かれベルリン戦へ駆り出されるもソ連軍に捕獲される
1991年:ソ連崩壊と共に外貨稼ぎの為に横流しされアメリカへ
2015年:バイヤーの目にとまり日本へ
以上、妄想終わり(笑)。


手持ちのマルシンのモデルガン、M712にも付けてみました。
グリップのラインは概ね合っており、マルシンがリアルサイズであることが分かります。


しかし、グリップ内部の形状はまったく異なっており、MGCと同様取り付ける事は出来ませんでした。
仮に取り付けられてもM712じゃ、ミスマッチもイイとこですが…。


これはマルシンのM712に載せているだけです。


左から、MGCプラ純正、実物、マルシン用のサードパーティの木製グリップです。
マルシン用はどこ製か忘れましたが、かなり良い出来です。
実物のレッドナイン用グリップは傷みは激しいのですが、それが却ってどの様な歴史を辿って来たかと云うことに想いを馳せてしまいます。


各グリップの裏側。
今回MGC、マルシンとも各メーカーオリジナルのグリップしか付かない事が分かったのは収穫でした。