※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
SUNSUN
最近、前口上とまったく関係が無い内容が多くてすいません。
お手軽の意味は自分が如何にお手軽にブログをアップするか…という意味だと最近気が付きました(笑)。
QRコード
QRCODE

2013年05月18日

昔乗ってました ホンダXLR250R(タミヤ 1/35)

久しぶりの昔乗ってましたシリーズ、今回は貴族(独身)だった頃の甘酸っぱい思い出がいっぱい詰まった(爆)バイクです。
1987年に発売されたホンダのトレール車、XLR250Rの最初期型で、正式には最後にHが付きます。


これは良いバイクでした。
このバイクの先々代にあたるXL250Rにも乗っていたのですが、比べると10キロ以上軽い車重とRFVCエンジンによりひと廻りトルクフルでしたね。
ひとつ高いギヤでストトトッ…ってイケちゃう感じで。
サスもしなやかでストロークも長く林道程度だったら十分でした。
オフ性能は抜群なのにカタログは意識して土臭さを排除した感じです。


発売当初から目を付けていた私に同僚の友人から買わない?とオファーがあり確か20数万円で購入した記憶があります。
来た当初はモトクロスタイヤが付いていました。
荒々しいブロックパターンがカッコ良かったんですが流石に公道では危ないのでもうちょっとオンロード寄りのタイヤに替えました。


未だナンバーが付いてませんがアパート横の田んぼで試乗(笑)。
20数年後の現在、この場所は某モールになってます。


このバイクにはバッテリーが無くエンジンをかけるとジェネレーターが12Vの発電をするようになってます。
2~3カ月に一度の林道ツーリングにしか乗らなかった為、バッテリー上がりが無くて助かりました。
リヤブレーキも初期型はドラムですが、これはこれですっ転んでも壊れるところが無くて良かったかと。
全てにおいてシンプルさが持ち味でした。
高性能な最近のドライサンプのオフロード車って転倒してオイルラインが破れたらどうするの?って余計な心配をしてしまいます。


北は北海道(2回行きました)南は四国まで、関東近辺の林道も良く走り回りました。
トラブルは全くなく転倒しても壊れないし、スタイリングもカラーリングも最高!
本当に名車だったと思います。


こんなタフなところが買われたのか陸上自衛隊の偵察用オートバイ(通称オート)に採用されました。
随分長い間使われていますが段々とカワサキのKLX250に置き換わっている模様です。
XLR250Rのオートは現在朝霞のりっくんランド(陸自広報センター)に展示されていて跨ることも可能です。
タミヤも目敏く1/35のMMシリーズで「陸上自衛隊 オートバイ偵察セット」としてモデルアップしています。


タミヤから発売された時、ビビッと来ました(笑)。


それから幾年月、遂に完成に漕ぎ付けました。
結構長い間完成を夢見てたので感慨もひとしおですね。


オートの装備をカッターで削りつつ、リヤウインカー、テールランプ、シート後ろの小物入れバッグを追加しました。
カラーリングはノーマルではなくて乗っていた個体に準じています。


1/35と云えども妥協のない再現度には「タミヤすごすぎてワロタ」状態でした。
本当にイメージするXLRそのままです。


でも細かい作業は苦手なので造るのはめっちゃ大変でしたけど…。


すごい昔に造ったニチモ1/35ケーニクスティーガーとの比較。
ティーガーの大きさが理解していただけるでしょうか(笑)。


XLRは9年ほど散々乗りまわしてウン万円で知り合いに引き取られて行きました。
引き取られていく時、後ろから自分が乗っていたXLRの排気音を初めて聞いたんですが、えらく抜けの良いナイスサウンドだったので驚きました。
初期型は騒音規制がまだ緩くノーマルでも抜けの良いマフラーだったようです。
所有している間中そんなにありがたいバイクだったとは全然知りませんでした。
  

Posted by SUNSUN at 00:00Comments(0)昔乗ってました

2012年05月29日

スバルレガシィB4 RS (BE5)

昔こんな車乗ってたなぁ…という古きを訪ね、後悔する(爆)コーナーへようこそ。
第三回はレガシィB4 RS(BE5)です。レガシィのセダンとして初めてB4と言う名のペットネームが付きました。
レガシィツーリングワゴン(BF5)からの乗り換えです。


RSグレードはDOHCの自然吸気エンジン搭載車で、5MTを選択しました。
常々水平対向NAエンジンを搭載したスポーツモデルを夢見ていたのですが、ほぼ理想の形で出てきたので飛び付いた次第です。
しかし確かに吹け上がりは良いのですが、予想通り低速トルクが無いうえにギアリングも高く、一般道で5速に入れられる事はまずありませんでした。
セダンにしたのは、(当時としては)スタイリッシュに見えたのと、ワゴン比で軽量、安価、高剛性、高静粛性、CMのカッコよさ(笑)などが理由です。


たのみこむで造ってもらった1/43メタルキットです。
この頃はスバルのミニカーも少なかったので入手できた時はうれしかったですね。
ナンバープレートは自車の物を写真にとって縮小しています。


フォルムは少しふくよかな捉え方ですけど悪くないと思います。
メタルキットは純正オプションのエアロパーツ付きRSK(ターボ)がモデリングされていたので、ボンネットのエアスクープを塞いで、オプションのエアロパーツを削り落し、グリルやフロントバンパーをノーマル形状に戻しと結構手間が掛りました。


ホイールはボルグTE-37(16インチ)に似た形状のモノをGT-Rレーシングカーのミニカーからコンバートしましたが、どう見ても19インチはありそうです(汗)。


その一年後ぐらいにオートアートから1/43のRSKミニカーが発売されました。
さすがの出来栄えです。


5年ほど乗りましたが、最初の一年で(笑っちゃうほど)擦ったり当てたりぶつけられたりでキズだらけにしてしまい、あまり良い思い出がありません。
当時はそれなりに満足して乗っていましたが、今考えるとスタイルも含めて「ちょっとな~」と思ってしまうのが正直なところです。


そして性懲りもなくまたレガシィへ乗り換えます…。
(別にスバラーではありません)
  

Posted by SUNSUN at 00:00Comments(0)昔乗ってました

2012年03月14日

ホンダ シビックCX (スーパーシビック)

極私的な青春の1ページへようこそ(笑)。
昔乗ってましたシリーズ二回目は生まれて初めて買った車、ホンダの2代目シビック、通称スーパーシビックです。


スーパーシビックは歴代シビック中1,2を争う程の不人気車だったような気がします。
大人気だった初代のキープコンセプトだったのが裏目に出たのでは?と私は睨んでいるのですが…。
いまだにホンダは人気車のモデルチェンジでキープコンセプトをやると、ガクッと右肩下がりになる事が多い気がします。


4年落ちぐらいの中古車でした。グレードはスポーティモデルのCXで、標準モデルに比べて5psほどハイパワーですが…それが何か?というレベルですね(笑)。
それでも軽量ボディもあってか結構キビキビと良く走った記憶があります。


キットはニチモの1/24です。後期型のモデルアップですが、なぜ当時から不人気車だったスーパーシビックをモデル化したかは謎です…。
でもプロポーションは良好です。
このシリーズは他に三菱初代ミラージュ(後期型)がありました。


キットは角目の後期型ですが、さすがに丸目にモデファイする根性とテクは無く、脳内補完でこのキットは前期型ということになっております(爆)。


ドライビングランプ(ボッシュパイロット)とホイール(エンケイのリミテッドコンペ)は他のキットからそれらしいモノをコンバートしてきました。
ホイールは確かグンゼのトライアンフTR-7からです。


前期型から後期型の変更はビックマイナーチェンジと言えるもので、ヘッドランプやアウターパネル、インパネを一新しましたが人気低迷のまま3代目のワンダーシビックにフルモデルチェンジします。
そして再び大成功を納めますね。ワンダーに試乗した時は「なんてフロントウインドーが遠くにあるんだ…」が第一印象でした(笑)。
タミヤ1/24ワンダーシビック25iと。


この車以降ホンダ車には縁がありません。
次の愛車はトヨタスターレットSi(EP71)ですが、残念ながらプラキットに恵まれませんでした。 
  

Posted by SUNSUN at 00:00Comments(0)昔乗ってました

2012年02月08日

スバルレガシィツーリングワゴンGT (BF5)

新企画の「昔乗ってました」シリーズで、第1回は一世を風靡したレガシィツーリングワゴンのGTです。
(ミリブロでやるのが心苦しい企画です…)
レガシィTWは90年代初頭にセダン派生のステーションワゴン大増殖というムーブメントを巻き起こしました。


乗っていたのは、初代BF5の最後期型(Dタイプ)でした。
会社にあった最初期型GTのあまりの速さにビックリして、期待してDタイプを購入した訳ですけど…。
燃費対策か、あまりにもマイルドな動力性能になってしまってたので、かなりがっかりした記憶があります。


イメージキャラクターには、ブルースウィリスを起用していました。
「ジ、エイジオブレガシィ」と言いながら駆け出して行くブルース。
映画のワンシーンのようで素敵なCMでしたね~。
4代目レガシィのCMにも再びブルースが出ていましたが、今じゃD社の軽のCMに出演してます。
好評だったのか、この後スバルはイメキャラに次々とハリウッドスターを起用しますね。


ボディカラーはダークレッドマイカでイメージカラーでしたが、深みのある良い色でした。
ターボ車でハイオク指定でしたが、ハイオクに見合うパワーが出てないので、ずーっとレギュラーガソリンを入れていました。
燃費は変わらなかったし、むしろレギュラーの方がトルクフルだったり…。


ハセガワの1/24プラモデルです。Cタイプのモデル化でしたが、ホイールをセダンRS(BC5)からコンバートしてDタイプにしてあります。
自分の愛車をミニチュアで再現できるのはモデラーの特権ですね。それとキット化してくれたメーカーに感謝です。


このキットは、当初前期型で発売されるはずでした。ハセガワが協賛していたイベント会場でテストショットを見せてもらったので間違いありません。
ところがその後、実車が後期型にマイナーチェンジしたので急遽、金型のフロント部分を変更したのでしょうね。その為か、発売まで随分時間が掛ったような記憶があります。


実車はちょっと残念なところはありましたが、それでも結構気に入ってて6.5年/6万キロ乗って次のレガシィに乗り替えました。



  

Posted by SUNSUN at 00:01Comments(2)昔乗ってました