※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
SUNSUN
最近、前口上とまったく関係が無い内容が多くてすいません。
お手軽の意味は自分が如何にお手軽にブログをアップするか…という意味だと最近気が付きました(笑)。
QRコード
QRCODE

2015年05月20日

ホビーフィックスモデルガン コルトM1911A1 窒化処理バージョン

ホビーフィックス(以下HF)のモデルガン、コルトM1911A1 窒化処理バージョンです。


以前にもご紹介したホビーフィックスのM1911A1ですが、少し目先を変えて窒化処理風の塗装を施してみました。


長ぁ~い電車通勤の合間に何時ものようにガンプロ誌を読んでいた所、M1911A1の記事でスライド先端の5センチほどは、チッ化(窒化)処理なる表面硬化処理を施してあり、その部分はパーカライズの色調が濃くなっているとの記述がありました。


「ムムッ、そうなのか…」と思い、他のM1911A1の画像を確認してもスライド先端の色味が確かに濃いですね。
今まで気が付きませんでしたが、これはカッコいいです…。


で、早速手持ちのM1911A1でトライしてみました…。
マスキングは昔のタミヤ1/35戦車の説明書にあった迷彩方法を思い出しながら(笑)、少し表面から浮かして境目をぼかしました。


確かインディのパーカーシールで再仕上げした記憶があったので、それより少し濃い色味のプラックパーカーをサラッと吹きつけました。


まさに、当ブログのお題目たる「お手軽モデファイ」を地で行ったような簡単な作業でした。
全行程、ほぼ15分で完了です…。


でも、これ知らない人が見たら塗装の失敗以外の何物でもありませんね…。
ちょっとコントラストが強すぎな気がしないでもありませんが、まさに自己満足の王道を逝ってます。


今回、色々なM1911A1の画像を見ていて思ったのは、HFのM1911A1の刻印のリアルさです。
深さが一定ではなく、浅く入った感じの刻印が実銃そのままなんですね。
これは、レーザー刻印では絶対に出せない味だと思いました。

  

Posted by SUNSUN at 00:00Comments(2)ホビーフィックス

2015年01月31日

対決!1911モデルガン MGC vs. ホビーフィックス

今回は、MGCとホビーフィックスの1911モデルガン対決です。
左がホビーフィックス(以下HF)のコルトM1911A1、右がMGCのM1991A1となります。


スリムなフォルムで実銃に近いと云われているHFと比べて明らかに見た目がファットなMGC…。
じゃ、どのぐらい寸法に差があるの?…というのが今回の趣旨です。
(左:HF)


どれくらい寸法が違うのかは、以前から管理人も興味がありました…。
(下:HF)


見た目、スライドの上下幅が明らかにHFが狭いです…。
その為、目の錯覚かHFのスライドが長く見えますが、実際にスライドの各部寸法を測ってみました。

スライド長さ:
MGC:189mm 
HF:188mm
以外にもHFの方が1mm短かったです。
(下:HF)


スライド全高:
MGC:26.8mm


スライド全高
HF:25.8mm MGC比-1mmです。


スライド平面部高さ:
MGC:19.5mm


スライド平面部高さ:
HF:18.4mm MGC比-1.1mmです。


スライド平面部高さ(先端):
MGC:12mm


スライド平面部高さ(先端):
HF:10.9mm MGC比-1.1mmです。


スライド幅:
MGC:24.1mm
HF:23.1mm MGC比-1mmです。
握った感じもHFがスリムに感じます。


重さも測ってみました。
MGC:628g


HF:954g
メガHWだけにHFが圧倒的です。
マガジンを装着すると1Kgを超えて計測不能になるので、外してあります。
デフォルトのHWグリップを実銃プラグリップに換えてあるので実際はもっと重い筈です。


HFは非発火モデルなのでファイアリングピン廻りが非常にリアルです。


また、エジェクションポートのスライドとチャンバーカバーの段差も少なく、重量感も相まって実銃感がハンパないです。


しかし、HFのメガHWは材質が脆いらしいので、取り扱いは要注意ですね。


今回長年の疑問だった寸法の違いが判明し、スッキリしました(笑)。
各部1mm程の違いで、意外なほど印象が変わるものです。

  

Posted by SUNSUN at 00:00Comments(2)MGC対決!ホビーフィックス