読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
SUNSUN
最近、前口上とまったく関係が無い内容が多くてすいません。
お手軽の意味は自分が如何にお手軽にブログをアップするか…という意味だと最近気が付きました(笑)。
QRコード
QRCODE

2018年08月19日

換えてみた!KSCガスガン、AKS74Uクリンコフのマズルブースター

KSCのガスブローバック、AKS74Uクリンコフこと、クリ坊のマズルブースターを社外品のスチール製(右)に換えてみました。


オッス!おらクリ坊(爆)。
珍品ハンター(自称)ことご主人様が、リサイクルショップでまたまた無駄使いしてきたぞっ!
ジャンクコーナーを漁ってたら、メーカー不明(LCT製?)のクリンコフ用スチール製マズルブースターを見っけちゃったっんだって…。


でもジャンクと云う割にはキズ一つなかったぞ。
「どーせ、ねじのピッチとか違ってて付かねんだろーけど…、ま、千円だしぃ」なんて、ご主人がやさぐれながらキリキリとねじ込むと…。


あれれ?最後までスムーズにねじ込めて、問題なくポン付けできちゃった。
プランジャーによるロックも完ぺきだったよ。


スチール製だけあり、亜鉛製のKSC純正と比べて30gフロントヘビーになったぞ。


スチール削り出しによる繊細なカドの丸みや、深みのあるブルーイング仕上げなどでAKのくせに高級感がアップしちゃったね、うっふっふ(爆)。


  

2018年08月12日

本日の獲物(ブラックホール 18_8_11、12)

2018年8月10日~12日に浅草の都立貿易産業センター台東館で開催の2018夏祭り浅草ブラックホールに、11日と12日に行ってきました。
BH会場には、相変わらずまったりとした時間が流れておりました…。


会場を廻っていて、タニオ・コバブースが無いと思っていたら、張り紙がありました。
その内容は、タニコバさんの体調不良と新製品開発?により出店取り止めとのこと。
タニコバさん、ちょっと心配です…。

そして、まずはMGCガバ用と銘打たれたマズルハイダーを何かのカスタムに使えればと思い購入。
GM1用となっていますが、マズル部のインサート逃げのカットを見るとGM2以降に対応する気がします。


次は1Kだったアンクルホルスター。
アンクルホルスターは持っていなかったので、店の人からはメーカー名や適用する銃も不明と云われたんですけれど興味があり購入。
造りはしっかりしていて実銃用だと思うんですけど、ホルスター部分が異常に小さくてマルシンのコルト25やデリンジャーでさえ入りませんでした…。


同じブースで「これもどう?」と勧められたランダルカスタム(メアーズレッグ)用ホルスター。
状態も良く、2Kだったので勧められるままにゲット。
これもメーカー名不明と云われたんですが、帰ってから良く見ると革にCMCの押印が入っていました。
問題点は管理人がランダル持ってないことです(爆)。


またまた同じブースで思わず手に取ってしまったのが、パックマイヤーのコレ(ユニークウォレットホルスターグリップ)。
確か以前にToshiさんのレポートか何かで見た気がしますが、実物を見るのは初めてでした。
これにチーフ(M36等)をセットし、ポケットに入れてキャリーすることを想定しているようです。


3Kだったので迷わずお買い上げ。
前オーナー特製のダミーカート5発付きです。


GM7用のグリップスクリューがGM5に使えることが確認できたので、BWCブースにてヘキサグリップスクリューを購入。


その後BH会場を後にし、アキバへ向かいました。
そして大雄で見つけたのが、憧れのステンレス外装のWAガバ用ロングマガジン。
しかしバルブからガスが駄々洩れ状態で、その為に格安でした。


簡単に治せると踏んだんですがちょい苦戦しまして(笑)、家にあった古いマガジンからバルブ周りをコンバートしました。


最後は、やはりアキバの密林で見つけた超珍品(笑)、M1カービンのマガジンに使用するクリップホルダーです。


管理人も初めて存在を知りましたが、こんな感じで使うみたいです…。
T3A1と刻印があるので軍の制式採用品?


これだけ集中して珍品が集まると、暫くブログネタには困りません(笑)。
  

Posted by SUNSUN at 23:44Comments(2)日常買ってみた

2018年08月01日

行ってみた!シューティングバー

前々から気になっていたシューティングバーなる所に、暑気払いを兼ねて行ってきました。
場所は横浜の福富町にあるシューティングバーGET@Cityで、職場を定時に出て6時半前にはお店に到着。


BB弾とは云え、酔っ払いに弾の入った銃を持たせて大丈夫なのか?という素朴な疑問を抱きつつ入店します。
金曜でしたが時間が早いためか誰もおらず、一番乗りでレンジに近い席を確保。


料金は滞在時間によって決まり、この日は2時間居て飲み放題、撃ち放題(一部除く)で4千円でした。
メニューから、ドリンク(意外と充実…)と一緒にお店に置いてあるトイガン(主に東京マルイ製品)と数種類あるペーパーターゲットを選びます。
そうすると、お店の人がレンジに的をセットしてくれて、銃も用意してくれます。
レンジは10mが2レーンと5mが1レーンの計3レーンで、家では5~6m取るのがやっとなので10mでの射撃は貴重な体験でした。


Myガンの持ち込みもOKで、お店のおねいさんがやってくれる弾速チェックに受かればレンジで撃つことも可能です。
管理人はWAのMEUアーリーを、職場の同好の士はマルイのM45A1とナイトウォーリアを各々持ち込みました。


嬉しかったのは、自分のMEUを10mレンジで撃ったところ、意外と的に当たっていたことですね。
10m離れていると的も良く見えないし、適当にヘッドショットしたんですが…。
ペーパーターゲットは、射撃後お店の人が回収してくれて、持ち帰れます。


お店に置いてあるのはマルイ製電動ガンが多いですが、中々触る機会のないM870ショットガンとかM320A1ランチャー(写真)なども体験してみました。
5mレーンは的がペットボトルで、銃によってはこっちも面白そうです。
しかし、そうこうやってると2時間なんてあっという間に過ぎてしまいますね…。


規則はテーブルの上のガンからは常にマガジンを抜いて置くことぐらいで、あまり煩いことを云われることもなく中々居心地も良かったです。
会社の宴会などを想定した貸し切りも出来るようですが、それはそれで何かの弾みで撃ち合いにならないように幹事さんは気を使うかも…(爆)。


  

Posted by SUNSUN at 00:00Comments(4)日常行ってみた