読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
SUNSUN
最近、前口上とまったく関係が無い内容が多くてすいません。
お手軽の意味は自分が如何にお手軽にブログをアップするか…という意味だと最近気が付きました(笑)。
QRコード
QRCODE

2018年04月01日

コクサイモデルガン ブローニングM1910 前編

コクサイのモデルガン、ブローニングM1910の前編です。
「よしなよ、冗談は。ブローニングは背中に感じやすいんだ…」の某三世さんのセリフで有名ですね(笑)。


コクサイはM1910と表記していますが、実際にモデルアップされたのはアメリカのブローニングアームズ社が販売したM1955と呼ばれるモデルになります。


と云ってもM1955とM1910の差は販売経路の違いらしいです。
見た目の違いも刻印とグリップのみで、生産も同じベルギーのFN社です。


業界で初めてABSの地肌に黒めっきを施し、金属にブルーイングをしたような黒い肌を再現したモデルガンの嚆矢となったコクサイのM1910。
しかし初めての試みだけに黒めっきの耐久性には難があったようで、現存する多くの個体はめっきの状態が劣化してしまっているようです。
去年の年末に手に入れたこの個体も御覧のとおり黒めっきが経年変化でまだらになった状態でした。


右のフレームは、数年前にリサイクルショップで何となく買っておいた黒めっき仕様のメインフレームです。
表面のめっきは荒れていますが本体の破損はありませんでした。
今回これを再仕上げのモルモットとして活用。


再仕上げにあたり塗装も考えましたが、黒めっきを落として下地の銀めっきにブルーイングを試みました。
ブルーイング液も色々試して結局鉄鋼用を使ったんですが、どうしてもムラになってしまい長年使い込んだハジキと云う風情になってしまいました…。


そんなくたびれ具合も、この銃の持つ古風なキャラに合っていると云えなくもありません…。


自社製品のモデルガンを撮影したピンナップが同梱されていました。
1980年頃のラインナップで、まだ古い世代の金属リボルバーが主だったころです。
撮影はIchiro Nagataとありますね。


コクサイがモデルアップしたのは、そんなイチロー氏がGUN誌1979年10月号のブローニング特集でレポートした個体です。


このレポート時に使用した実銃を取材して、シリアルNo.まで(!)忠実に再現されました。
その意味でコクサイのM1910は、もはやイチロースペシャルと云っても良いのではないかと…。


GUN誌1982年1月号に載っていた実銃vs.コクサイの比較記事です。
実銃は前述のM1910ですが、リポーター名義はLA支局(ジャック氏?)になっています。
(この頃、イチロー氏はGUN誌から足を洗いつつある時期です)
しかし実銃と並べても区別がつかないコクサイM1910には、当時衝撃を受けましたね。


同じく1982年1月号のCM誌では、くろがね ゆう氏が気合の入ったテストレポートでコクサイM1910を取り上げており、プルーフマークなどの意味も解説されています。
この方は昔から博学だったんですね…。


後編に続きます



同じカテゴリー(モデルガン)の記事画像
換えてみた!マルシンモデルガン、ベレッタCQBのグリップ
換えてみた!MGCモデルガン AMTハードボーラーロングスライドのハンマー
換えてみた!コクサイモデルガン コルト25オートのグリップ
換えてみた!MGCモデルガン ベレッタ92Fのグリップ
MGCモデルガン キンバーエリートキャリー 後編
コクサイモデルガン ブローニングM1910 後編
同じカテゴリー(モデルガン)の記事
 換えてみた!マルシンモデルガン、ベレッタCQBのグリップ (2018-11-10 00:00)
 換えてみた!MGCモデルガン AMTハードボーラーロングスライドのハンマー (2018-09-20 00:00)
 換えてみた!コクサイモデルガン コルト25オートのグリップ (2018-09-01 00:00)
 換えてみた!MGCモデルガン ベレッタ92Fのグリップ (2018-07-10 00:00)
 MGCモデルガン キンバーエリートキャリー 後編 (2018-06-09 00:00)
 コクサイモデルガン ブローニングM1910 後編 (2018-05-10 00:00)
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見しております。
コクサイ のブローニングM1910のグリップにはウェイトが入っているのでしょうか?

先日、中古ショップにてこのBROWNINGグリップだけを入手したのですが、ウェイトは付属しておりませんでした。支柱が中に二本存在するので、ウェイトがはめられるようになっているのかと思いまして‥
Posted by captain willard at 2018年04月11日 19:25
captain willardさん、はじめまして~
ウェイトですが、かなりの大きさのが入ってます。
その大きなウェイトのおかげでグリップも多少太くデフォルメされちゃっている気がします。
一寸うろ覚えなんですが、本体への取り付けもウェイトが無いと支障があったような…。
ウェイト見つかるといいですね~。
でわまた~
Posted by SUNSUNSUNSUN at 2018年04月11日 23:41
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。